>

性行為が終わったらすみやかに外す

油断しないでコンドームを外そう

性行為が終わって余韻に浸るのは、コンドームを外して処理を終えてからにしてください。
性行為をする前と終わったあとでは、ペニスの大きさが異なっています。
終わったあとにペニスが急激に小さくなって、コンドームが自然に外れることがあるので気をつけてください。
射精したあとはゆっくり身体を休ませたいと考えているかもしれませんが、性病を予防するためにはすばやく処理をすることが重要です。

処理を終えてから、ゆっくり休んでください。
そうすれば性病に感染することは無いので、いつまでも安心して性行為をすることができます。
性病に感染すると、しばらく性行為ができなくなります。
ガマンするのは辛いし、パートナーの気持ちが離れる可能性があります。

最近の性病の特徴を知る

若い人の間で流行っている性病は、口から感染するケースが多いです、
その原因は、フェラチオをすることです。
精液が口内に付着することで、性病がうつります。
それも、コンドームをつけることで回避できます。
ですがコンドームを付けていると、ゴムの臭いがしてフェラチオをしにくいと感じる人がいます。

ゴムの臭いを極力抑えたコンドームが販売されているので、そのような製品を使ってください。
現代では、コンドームも変化しています。
コンドームをつけている感覚を忘れて性行為ができるように、かなり薄く作られた製品もあります。
パートナーとよく話し合って、お互いが気に入ったコンドームを使用してください。
すると、自分も相手も気持ち良くなれます。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る