性行為で性病がうつらないようにする方法

性病の予防方法を把握しよう

性病は予防できると知ろう

コンドームで、100パーセント性病を予防できるわけではありません。 ですがコンドームが無い状態と、している状態だと大きな違いがあります。 正しいコンドームの使い方を知ってください。 使い方を間違えていると、何も意味がありません。 事前に勉強しておきましょう。

コンドームをつけるのが良い方法

性病は、どんな時に感染するのでしょうか。
それは性行為をして、精液や体液が相手に触れた時です。
性行為以外では感染しないと言われているので、手を繋いだり同じ部屋にいることは、全く問題ではありません。
性病の対策をしていないと、自分の身体を傷つけることになってしまいます。
昔から性病に注意しなければいけないと言われていますが、それでも性病に感染する人が多いです。
特に若い人の間で流行っているようなので、その場の勢いに任せずしっかり性病対策をしてから性行為をしてください。

感染を予防するのに最も良い方法は、コンドームをつけることです。
すると性器同士が触れることを避けられるので、性病の感染を付けられます。
コンドームをつけると、快感が失われそうで嫌だと思っている男性が多く見られます。
しかし快感を優先すると、性病に感染してしまいます。
パートナーを悲しませる結果になるので、性行為をする時は性病の予防を最優先に考えてください。

未だに性病に感染する人が多いと言われますが、自分で予防できます。
またパートナーにも、しっかり予防を呼び掛けることが大事です。
自分のことを大事に思っているのであれば、一緒に予防してくれるはずです。
快感を優先して性病の予防を後回しにするような人は、こちらを大事に思ってくれていません。
そんな相手とは、すぐに別れてください。
他を探せば、もっと自分を大切にしてくれるパートナーが見つかるはずです。

使用上の注意を守ろう

ただコンドームを装着すれば良いと思っている人が多いのではないでしょうか。 ですが意外と、装着方法が難しいです。 コンドームをこれまでに使ったことがない人は、間違った使い方になってしまうかもしれません。 いくつかの注意点があるので、気をつけて装着しましょう。

性行為が終わったらすみやかに外す

ずっとコンドームをつけっぱなしにしないでください。 コンドームを装着したころはペニスが大きくなってコンドームのサイズがピッタリだったかもしれませんが、性行為が終わったらペニスが小さくなるのでコンドームが外れる可能性があります。 すみやかに外しましょう。

▲ TOPへ戻る